出合い系で出会いを求めてもいいですか?

出合い系で出会いを求めてもいいですか?

私は新しい恋をしたいと思っていました。元彼と別れて、心の傷はなかなか癒える事はなくて前向きになりたいという気持ちでいたんです。
お見合いや合コンなど出会いを求めて頑張ってみたけれど、進展するような出会いは見つけることが出来ませんでした。
ネットで出合い系のサイトを見てみました。最初は興味本位で見ていて、実際に出会えるとも思っていませんでした。
いろんな方のプロフィールを見ました。職業や年齢もさまざまで、出合い系のサイトでなければ出会う事は出来ないかもと思う方もいました。
男性からメールを頂いてやり取りをしましたが実際に会ってみたいと思える方はいませんでした。
受身のままではいけないと思って、勇気を出して気になる人にメールを送ってみたんです。ドキドキしながら返信を待ちました。
ちゃんと返信が来て、それから毎日メールをするようになりました。実際に会ってみたいと誘われて、食事をすることになったんです。
初めて会ったとは思えないほど自然でした。出合い系って危ないって言われることもあるけど、私にとっては大切なきっかけになりました。

こちら

出合い系で出会った可愛い彼女

僕が大学生の頃の体験談をお話します。当時、彼女もいなく寂しかった僕はちょっとしたノリで出合い系サイトに登録をしました。友人の中にも出合い系で彼女ができたという人がいたので少し期待していましたが、案の定可愛い女の子がたくさんいました。その中でも特に目を惹いたのは、佐々木希似の20歳の女の子です。近所の女子大生ということもあって、早速連絡を取ってみることにしました。さすがに最初はちょっと警戒していたようですが、メールを重ねるうちに彼女も心を開いてくれたようで会う約束までこぎつけました。
お互いの家の中間地点にあるカフェで会うことにしました。僕は待ち合わせ時間より少し早く来ていたのですが、その後すぐ彼女がやってきました。写真通りの美少女で、僕はあっという間に恋に落ちてしまいました。人見知りなのか、口数が少ない子でしたが、よく笑ってくれるので僕も調子に乗ってたくさん喋ってしまいました。

こちら

デートから帰ってその日の夜には、「また会おうね」というメールが来たので、かなりテンションが上がったことを今でも覚えています。
その後もデートを重ね、とうとう付き合うことができました。スタイルも良く、可愛いので本当に自慢の彼女です。いちゃつく時には思い切り甘えてくるところもたまらないので、いつも友人に自慢しています。
出合い系サイトは悪い評判もありますが、僕みたいに最高の彼女に出会える可能性もあります。彼女とは今でも仲良しです。近々プロポーズしようと思っています。

YYCで理想的なセフレをゲットした

出会い系というと、サクラがいるのではないかという気持ちがどうしてもありました。
だから今まで1度も利用しないまま真面目に過ごしてきたわけですが、彼女と別れてから欲求不満が溜まりまくってきたんです。
それなら風俗でも行けよって話なのですが、できればお金をかけずにエッチしたいじゃないですか。
というわけで、ついに出会い系を使って、いい感じの女の子はいないものかと行動し始めたわけです。

こちら


利用したのはYYCなのですが、かわいい子がいっぱいいることにまずびっくりしました。
みんな淋しいんですかね。とにかく食いつきがいいんです。
とりあえず事前にイメージしていたサクラがいるという感じはすぐに払拭できました。
何人かとLINE交換してみたんですが、もうどの子も男に飢えてる感が半端なかったからです。
そんな中で、一番自分の好みに合う清楚系のアキちゃんと実際に会う約束を交わしました。
待ち合わせ場所のファミレスに先乗りしていると、少し遅れて麗しのアキちゃんがやってきます。
22歳で彼氏なし、身長は154cmと可愛い感じなのに、おっぱいはDカップとボリューミーなのです。
自分も女の子に飢えていたので、ストレートに「今日、エッチしない?」と誘いをかけてみました。
すると、アキちゃんは恥ずかしそうに1度俯いて、コクンとOKの返事をしてくれます。
ファミレスを出た後、たまらずホテルへと駆け込み、シャワーを浴びるその前にアキちゃんのニオイを目一杯感じちゃおうと、キスしたり、服や下着を少し強引に脱がしたりしました。

こちら


アキちゃんは「ダメ…」とは言いつつも、まったく拒みません。むしろすでにアソコは濡れていて、その気まんまんです。
右手の指をアキちゃんのアソコの中にくぐらせながら、左手で豊満なおっぱいを揉みしだきます。
アキちゃんも応じるように俺の股間に手を伸ばしてきました。
そのままフェラしてもらったんですが、舌使いが最高で1発目はそのままアキちゃんの口の中に発射しました。
お掃除フェラしてもらっていると、ジュニアが元気を取り戻し、2回戦スタートです。今度はアキちゃんを四つん這いにさせて、そのまま生で挿入してやりました。
アナル丸見えの体勢でズブズブっと奥まで突き入れると、アキちゃんが「あん…あんあん…」と甘えたような声を出します。
この声がたまらず、ピストンを繰り返しているうちにまた自分はイキそうになりした。
中に出してもいいと言うので、お言葉に甘えて一気にフィニッシュです。
この日は時間がないということで、これで解散となったのですが、もちろんアキちゃんは今でも理想的なセフレの一人としてちゃんとキープしています。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>