社内恋愛を実らせました

社内恋愛を実らせました

今のパートナーは同じ会社の元同僚でした。部署は違ったものの、小さな会社なのでランチなどは他の社員を交えて一緒に行っていました。話がおもしろくて笑顔も印象的、デスクワークが主だけどスポーツが大好きで体も鍛えていて頼りがいがあり仕事もバリバリこなしていたので尊敬していました。
わたしは引っ込み思案でしたが、当時の彼はそんなわたしの好きな本や映画の話を振ってくれ、二人きりの時も話を盛り上げてくれました。気づいたら彼のことが好きになっていました。
ただ、彼は人当たりがいいのでなかなかモテており、社内でも仲が良い女性社員はいっぱいいました。夜はよく飲み会にも行き、更には社外でも人気者らしく、女の子を良く紹介されているようでした。

こちら


そんな彼には当時気になっている女性がいたようで、何度かアプローチをしたもののフラれたという話を聞きました。
でも、彼のことだからまた素敵な人を見つけるんだろうかと考えたら辛くなり、わたしは玉砕覚悟でアプローチすることを決めました。気になる映画の話を振って、彼と一緒に行く約束をしました。生まれて初めて自分からデートに誘いましたが、彼はそれが楽しかったのか、また見たい映画があったら誘ってよと言ってくれました。
その言葉に甘えるように、何度か気になる映画のことを話しては一緒に観に行き、いつの間にか職場以外の場所でも二人で話すことが増えました。

こちら

それから映画抜きのデートをしているうち、それとなく二人の家を行き来するようになり、付き合いを始め、二年後に結婚しました。
あとから聞いた話、フラれた直後に映画に行って慰められて気が楽になったことがわたしと付きあおうとしたきっかけだったそうです。諦めずにアプローチして良かったなと思いました。

わたしが職場恋愛を実らせるまで

今の彼氏との出会いは、職場恋愛でした。
彼が他部署から、わたしの勤めている部署に異動してきたのです。
彼の評判は、異動して来る前からわたしの元にも伝わってきました。
彼は社内でも評判の人気者だったのです。

こちら


わたしは当時別の人とお付き合いをしており、彼のことは「噂通り、かっこいいなあ。」ぐらいにしか思っていなかったのです。
しかし、何か月も一緒に仕事をしているうちに、次第に彼の人柄に惹かれていったのです。
そしてその当時の彼氏との関係もあまりうまくいかなくなってきたこともあり、余計にわたしは彼に気持ちが傾いて行きました。
とは言っても彼は社内の人気者です。周りには、ライバルがたくさんいました。
特別に容姿が優れているわけでもないわたしは、そのライバル達に差をつける方法は何かと考えたのです。
それは一途に一生懸命に仕事にとりくむ、ということでした。
人は誰でも、頑張っている人に好感を持つものです。

こちら


そして彼にも仕事関係のことで、真剣にいろいろな相談をしに行くようになりました。
彼は異動して来たばかりで仕事を覚える為に毎日遅くまで残業をして、頑張っていました。
そしてわたしも一生懸命仕事に取り組むうちに、自然と残業が増えていったのです。
そんな毎日が続くと、帰るタイミングが一緒になったりすることも多くなりました。
そうしてどんどん彼との距離は縮まって行き、お付き合いに発展したのです。
彼は、同じ目標をもって頑張っているわたしに好感を持つようになったと言ってくれました。
好きな人を振り向かせるためには、まず自分を磨くことが大事だと再確認したのでした。

わたしが職場恋愛を実らせるまで

-


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>