今と昔の出合い系サイト

今と昔の出合い系サイト

今と昔の出合い系サイト

出合い系サイトは今と昔ではかなり変わってきました。

最近では出合い系サイトのカッティングを施したバスが街中をうろうろしたり、一昔前までではなかった宣伝方法でやっています。

今も昔も変わらない宣伝方法もあります。

街中でティッシュやチラシの配布などです。

あと変わったことと言えば、携帯サイトでの出合い系サイトです。

私は昔からAUを使っているのですが、携帯でのサイトの観覧がだいぶ進んできたころに携帯での出合い系サイトがかなりありました。

無料や有料の出合い系サイトであったり、AUの公式サイトにも「出会い」といった項目があり○○広場、○○タウンなど、公式の出会いの場がかなりありました。

こちら



私も過去に利用したことがあり、実際に近所の子とあって遊んだり、お付き合いのきっかけになったこともありました。

最近の優良出合い系サイトを探すのは難しくなっていると感じます。

無料の出合い系サイトを覗くと、あるサイトは援助交際目的の書き込み、あるサイトは課金させる為のサ○ラの書き込みばかり・・

正直昔ほど出合い系サイトの魅力を感じません。

優良の大手の出合い系サイトがありますが、基本お金を使ってまで出会いを求めていないという考えもあり有料のサイトは使用したことがありません。

こちら



無料の出合い系サイトですら今は純粋に出会えにくい状況なので有料サイトも期待が出来ないといった先入観が入ってしまっています。

せっかくの遊びの場であり、インターネットも普及している時代なのですから、サクラ。援助交際など厳しく排除していけば昔の様な楽しい出合い系サイトになるのではと思います。

明確な目的を持った出合い系サイトの使い方で出合い系サイト業界のイメージアップ

「出合い系サイト」と言う言葉を聞いてどの様なイメージが想起されるでしょうか。

世間一般のイメージとしては、どこか不健康な存在と言う認識が一般的だと思います。

こちら



もともと成人の男性と女性が出会う場所を提供すると言う、出合い系サイト本来の存在価値に限定すれば、それは世間から見ても決して非難される筋合いはない筈です。

ただ一部の悪質なサイトによる、サクラしかいない出合い系サイトや、迷惑メールを大量に送信する出合い系サイト等のイメージが広く世間に行き渡ってしまいました。

経済で俗に言われる「悪貨は良貨を駆逐する」と呼ばれる現象です。

これは大部分の健全な出合い系サイトユーザーや、良心的な運営者にとってはとても不幸な事です。

また、これとは別に出合い系サイトを利用してみたけど、何も面白い事はなかったよと言うユーザーも一定数、存在すると思います。

こちら



実は過去の私自身がこの様なユーザーだったからです。

しかしこの点に関してはある事に気がつきました。

出合い系サイトを利用してどの様な成果を求めているかを、明確に定めていない事に気がついたのです。

私の場合は、個人的に定期的にコミュニケーションが取れるメル友を求めていたのですが、この目的に限定した出会いを探すと、割合にすぐに出会う事ができました。

考えてみれば漠然と「いい出会いがないかな」と探すだけでは、費用の面でも効率の面でも、それは極めて非合理です。

出合い系サイトのイメージを復活させる為にも、良心的なサイトを利用して、ユーザーがそれぞれの目的を確実に果たしていく必要があるのではないでしょうか。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>