被リンク数を増やすSEO対策で注意すること

被リンク数を増やすSEO対策で注意すること

SEO対策のために、より多くの被リンクが欲しいと思っているサイトオーナーはたくさんいます。

有名人気サイトからの被リンクを受けられればすぐにページランクが上がりますが、簡単なことではありません。

そこで質より量ということで、できるだけ被リンク数を増やそうということになります。

そうしたサイトオーナーの中には、手軽に被リンク数を稼げるリンクファームへ登録することを考える人も出てきます。

リンクファームとは、被リンク数を増やすことを目的として作られたサイトで、大量のサイトへリンクが張られています。

人の手によって選別されてリンクが張られている場合もありますが、プログラムによって自動的にリンクが張られているものも少なくありません。

そのためサイトの内容に沿ったリンクではなく、SEO対策のためだけのリンクという存在になっています。

こうしたリンクファームを各検索エンジンでは、検索スパムと認識しています。

サイトの内容によって張られたリンクではないので、良識サイトを判別するための被リンクではないというわけです。

検索スパムと判断されたリンクファームと相互リンクをしていると、SEO効果がないどころか検索結果を混乱させるスパム行為を行ったとして、ペナルティを受けてしまいます。

検索エンジンからペナルティを受けると、検索結果の順位が大幅に落ちてしまったり、検索結果に表示されなくなってしまったりする可能性があります。

被リンク数を増やすSEO対策を施す時は、スパム行為にならないか調べてから行うことが大切です。

有料老人ホームにいこう
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.cardloan-firstguide.com/559.html


<<前のページへ